人気No.1記事【知られざる避暑地】京都府亀岡市畑野町土ヶ畑の田舎暮らし

大阪・京都車1時間の避暑地亀岡市畑野町の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 亀岡市畑野町の土地相場と所有するメリット・デメリット

<<   作成日時 : 2016/04/10 13:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



密かに、このブログを近隣の方が見ていただいているようで、

「最近更新されてないなぁ」


と、見知らぬ方から声をかけられました(笑)

ご愛読、ありがとうございます。

よくご覧いただいているようでとても嬉しく思いますが、そんなに頻繁に更新はできませんので、たまに遊びにきてください^^;

うちの住宅地でも、1/3は別荘としての家であり、空き地も多くあります。

さて、今日は亀岡市畑野町の土地について書いてみたいと思います。


亀岡市畑野町の土地相場



ある地域の自動車整備屋さんが言われていました。

「広野付近(畑野町中心部)なら1坪10万円くらい、土ヶ畑なら1坪1万円以下。5000円くらいでも買える。」

実は私も引っ越して早々、近くの土地を買うことになりました。

不動産屋さんに

「この空き地車とめてもいい?」

と聴いたら、

「いいよ。」

と言われてので、入居当初車を置いていたら、所有者の方に、

「うちの土地を買ってに使わなんといて。」

と怒られてしまいました。

で、その後、土地のオーナーが来られて、

「この土地、買いませんか?」

と言われて、検討の結果、そのまま買いました。

で、その時の坪単価は4,000円くらいでした。売り手がどうしても手放したかったという場合と思っていただければ結構です。

実体験から、このあたりの土地感覚は先の自動車整備屋さんの言われた通りかなと思います。

ちなみに、私が前住んでいた大阪の外れの島本町では坪単価60万円。かなり山の方の高いところで坪単価40万円くらいでした。

坪単価1万円としても、駐車場+庭+4LDKくらいの戸建てが建てられる60坪で土地の価格は60万円です。
車の新車よりずっと安く土地が変えてしまいます。


亀岡市畑野町の土地を所有するデメリット



大きく2つあります。

1.固定資産税

言うまでもなく、土地を持っていると毎年税金がかかります。

私が購入した土地は1区画60坪くらいで年間9000円くらい固定資産税を払わなければなりません。

実際に取引額よりも、固定資産税評価額は少し高かったです。

2.草刈り(土地のメンテナンス)が必要

地域の自治会で、毎年、草刈りを行っており、別荘や土地所有者にも自分のところの草刈りが求められます。自分でされない場合は自治会に委託料を支払います。この負担も毎年あります。

土地を売りに来た方に、なぜ、売りたいのかと聴いたところ、

「最初は畑にしようと思っていたが、別荘でたまに来るだけでは実際にはとてもじゃないができなかった。それなのに、税金と草刈りのメンテが必要で手間がかかるだけ。」

とのことでした。

恥ずかしながら、私も購入後最低限の草刈りだけで、来客用の駐車場として使っていただけでした。

家のメンテナンスもままならない中、土地の管理までとてもとても・・・。

側面を芝桜にしようとか、ハーブを植えようとかいろいろアイデアはあったのですが、構想は構想のまま3年の時が過ぎ去りました。


亀岡市畑野町の土地を所有するメリット



1.来客用駐車場として遠慮なく利用できる

道路幅も広く、近所付き合いをきちんとすれば、駐車する場所にはあまり困らないのですが、やはり自前の駐車場に余裕を持ってとめられる点は、ゲストを多く招きたい方には大きなメリットです。

2.畑を持てる

近所の方が、一区画(60坪くらい)をまるまる畑にして、かなり本格的に家庭菜園をされています。ありがたいことに、大根の漬物などをおすそ分けしていただきました。家庭菜園を張り切りたい方は、(できれば家のとなりの)空き地を所有できれば結構楽しめると思います。

ただ、畑をするには注意が必要です。それは、鹿対策です。

夜は住宅地にも平気で鹿が出没します。

我が家も、購入した土地にイチジクを植えたところ、一晩で芽や幹をかじられて無残な状態となってしまいました。

本格的なフェンスや、防獣くいに、防獣ネットをするなど、鹿対策は必要です。

育てるものによっては、イタチやイノシシ対策も必要かと思います。

今年、気合を入れて、防獣杭と防獣ネットを購入し、柿の木とイチジクの木(以前無残にやられた後、家の敷地内で再び元気に成長してきたもの)を植えました。畑ほど興味がないのか今のところ守れています。もう少し補強するか、鹿が嫌いなハーブを周辺に植えるかなど検討中です。



3.その他好きなことができる

・ゴルフの練習コーナー

・盆栽等趣味の植木

・子供とキャッチボール等遊べる空間

・小屋を立てる(離れ部屋、ログハウス、ツリーハウス)

小屋を立てる以外は、実際にこの辺を見てまわって目撃した用途です。

当たり前ですが、特に何の建築制限もないので、なんでもできると思います。

電気はそれほどコストをかけずに引けると思いますが、水道は引いていない場合、150万円くらい亀岡市に最初支払う必要があり、これは結構な出費です。ただ、事業用であれば15年で償却できる経費にできます。(繰延資産:水道施設利用権)


まとめ



特の土ヶ畑の土地は街中では考えられないくらい安いです。

ただ、土地を所有するにはデメリットで書いた毎年の費用を計算に入れる必要があります。

別荘所有ではなく、定住するのであれば、土地の活用可能性は高いと思います。

現場を歩いていると、結構”売り土地”といった看板が立っています。”売り土地”の看板が立っていながら、何年もそのままのところは価格交渉の余地もかなりあるのではないでしょうか。

また、所有してはいるものの、何にも使っておらず、維持費がかかって困っている方も少なからずおられるように思われます。

一方で、この自然豊かで、涼しい環境を活用して事業をはじめようとされている方もおられます。もちろん、畑野町で田舎くらし仲間がもっと増えれば嬉しいなと思います。

これらがうまくマッチングされれば、空き地が有効利用され、地域の活性化にもつながるのではないでしょうか。


【知られざる避暑地】京都府亀岡市畑野町土ヶ畑の田舎暮らし


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
亀岡市畑野町の土地相場と所有するメリット・デメリット 大阪・京都車1時間の避暑地亀岡市畑野町の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる